性病科でしっかり検査を受けよう~感染リスクを軽減する取り組み~

病院

エイズの検査をする前に

先生

エイズはHIVに感染した事で発症する後天性免疫不全症候群です。HIVの感染ルートは三種類あり、性的感染と血液感染、そして母子感染です。現状ではHIVを体内から排除する治療法はありません。

性病を早期発見

検査をすればすぐに診断結果を出すことができるのでHIV検査をしましょう。検査キットはコチラから取り寄せることができます。

パートナーと一緒に性病検査を東京で受けてみましょう。自宅などで使用できる検査キットなどもあるので便利です。

リスク回避のために検査

先生

性病において、なるべくリスクを軽減するための取り組みとしては、性病科で検査をしていくという方法があります。性病というのは、さまざまなリスクがあります。例えば、感染してしまって、悪化するまでに気づかなければ体にとって大きな負担になるでしょう。もちろん、治療期間が長くなりますので、治療費の負担も大きくなるリスクがあります。また、発症しているのに気づかずに他の人と性行為をすると、他の人にもうつしてしまう可能性も少なくありません。しかし、検査をする事によって、早めに発症していた場合は、気づけますし、完治するまでは他の人と性行為をするという行為を控えて、他の人にうつすリスクを回避する事ができます。このように、検査をする事はリスク回避につながるでしょう。東京などではすぐに検査出来る機関や方法も充実しているので、しっかりと確認してみる勇気が大切です。

人にうつさないようにする

性病の中には、感染能力の高い病気も存在します。もし、あなたが性病検査をして感染していたら他の人にうつす事がないように注意しなければいけないです。特にパートナーがいる場合は、きちんと性病になってしまった事をパートナーに言って、完治するまで性行為を控えたりなどの対策を行っていきます。人に性病をうつしてしまいますと、他の人の迷惑になってしまう事になります。つまり自分だけの問題ではおさまらないという事です。その点は、しっかりと把握しておく必要があります。また、あなたが性病になった時には、どのようにしたら他の人にうつってしまうのか、きちんと把握しておきましょう。そうする事で、人にうつすリスクが軽減されます。

必要な費用が重要

診断

エイズの検査は愛するパートナーを守るためにも定期的に行っておきたいことです。そこで、そのために必要な費用について知ること、助成金的なサービスが有ること、それは必ず知っておくほうが良いです。

早期発見したいHIV検査

病院

HIV検査は早期に行いましょう。HIV検査は最近では、ネットから検査キットを自宅に取り寄せて簡単にできるようになってきています。費用もそれ程高くありませんので安心です。少しでも感染の疑いがある場合は速やかに検査しましょう。